FC2ブログ

等張性と低張性輸液の比較:無作為臨床試験

等張性と低張性輸液の比較:無作為臨床試験

重要性:
小児において低張性輸液を用いることは低ナトリウム血症の罹患率と死亡率を上昇と関連しているとされる。小児の集中治療室以外の非外科的入院患者における低張性輸液と等張性輸液の比較試験は研究不足であった。

目的:
入院した小児集団に対する等張性輸液(塩化ナトリウム:0.9、ブドウ糖:5%)と低張性輸液(塩化ナトリウム:0.45、ブドウ糖:5%)の静脈内投与を比較する。

セッティング、環境、参加者:
二重盲検ランダム化臨床試験では、2008年3月1日から2012年8月31日まで、第3次ケア小児病院の一般小児科に入院した生後1ヶ月から18歳までの110人の子供を対象とした。正常なナトリウム値を維持するのに、輸液をを48時間もしくはそれ以上必要とされた症例とした(ITT分析)。特定の輸液の種類や輸液量を必要とする診断を受けた小児は除外とした。

介入方法:
患者を無作為化して、等張性または低張性輸液を48時間施行した。

評価項目:
主要評価項目は、48時間後の平均血清ナトリウム値とした。また、副次的評価項目は24時間後の平均血清ナトリウム値、低ナトリウム血症、高ナトリウム血症、体重増加、高血圧、浮腫とした。交絡変数は重回帰分析に含め、ポストホック分析には24時間後から48時間後にかけての血清ナトリウム値の変化と、初回に呼吸器疾患と診断されたサブグループ分析を含めた。

結果:110人の登録患者のうち54人が等張液を、56人が低張液を輸液された。 48時間における平均(SD)ナトリウム濃度は、等張液群では139.9(2.7)mEq / L、低張液群では139.6(2.6)mEq / Lであった(95%CI、-0.94〜1.74mEq / L、P = 0.60)。低張液群の内2人の患者が低ナトリウム血症を発症し、各群1人が高ナトリウム血症を発症し、各群2人が高血圧を、等張液群の内2人が浮腫を発症した。48時間後の血清ナトリウム値の平均(SD)変化は、それぞれ+1.3(2.9)対-0.12(2.8)mEq / Lであった(絶対差、1.4mEq / L; 95%CI、-0.01〜2.8 mEq / L; P = 0.05)。

結論:
本研究の結果から、一般的な小児患者では等張液投与が安全であり、低ナトリウム血症の症例が少なくなる可能性があると考える。


Comparison of Isotonic and Hypotonic Intravenous Maintenance Fluids: A Randomized Clinical Trial
JAMA Pediatr. 2015;169(5):445-451.

低張液を加えると低ナトリウム血症になりやすいのは、理解できますが、主要評価項目の結論からはそこまで差はないと感じますがどうなのでしょうか。



輸液といえば

0 Comments

Post a comment