FC2ブログ

category: JAMA  1/1

等張性と低張性輸液の比較:無作為臨床試験

No image

等張性と低張性輸液の比較:無作為臨床試験重要性:小児において低張性輸液を用いることは低ナトリウム血症の罹患率と死亡率を上昇と関連しているとされる。小児の集中治療室以外の非外科的入院患者における低張性輸液と等張性輸液の比較試験は研究不足であった。目的:入院した小児集団に対する等張性輸液(塩化ナトリウム:0.9、ブドウ糖:5%)と低張性輸液(塩化ナトリウム:0.45、ブドウ糖:5%)の静脈内投与を比較する。セ...

  •  0
  •  0

伝染性単核球症のEBM「この患者は伝染性単核球症を持っているのか??」

No image

伝染性単核球症のEBM「この患者は伝染性単核球症を持っているのか??」重要性:早期の伝染性単核球症の診断は、治療を決定するのに役立つだけでなく、抗菌薬の乱用を防ぎ、患者の正確な予後を見通すのに役立つ。目的:伝染性単核球症の診断に関する、身体所見や白血球数に関する文献を体系的にレビューする。データソース:PubMed(1966-2016)とEMBASE(1947-2015)のデータベースから、670件の論文と要約を対象とした。研究選択...

  •  0
  •  0

医師の健康、仕事の満足度、プロフェッショナリズムを促進するためには

No image

医師の健康、仕事の満足度、プロフェッショナリズムを促進するためには?重要性:現在まで、医師のストレスが広がっており、臨床における影響が言及されたりしているにも関わらず、これらの問題に対処するために介入を行った研究はほとんどなかった。目的:医師を小グループのカリキュラムに参加させ、その結果が医師の幸福度を改善させるという仮説を検証する。研究デザイン、環境、参加者:2010年9月から2012年6月にかけて、ミネ...

  •  0
  •  0

外科分野におけるQOLとバーンアウト率について

No image

外科分野におけるQOLとバーンアウト率についての論文重要性:バーンアウトやQOLの低下を最小限にする戦略を立てる為には、様々な外科専門分野でのQOLやバーンアウト率についての理解を深めることが重要である。目的:複数の外科的専門分野にわたる文献を体系的にレビューし、全外科医の間でQOLおよびバーンアウトの包括的な理解し、バーンアウト率およびQOLの低下の違いを理解し、これらの結果に一般に関係する要因を解明すること...

  •  0
  •  0